大坂なおみ
画像提供:Getty

28日に開幕する女子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、WTA1000)は26日、出場する世界ランク36位の大坂なおみが会場でトレーニングをする様子をSNSで公開した。

>>大坂なおみ 1ポイント速報<<

>>マドリッドOP 組み合わせ<<

同日に発表された本戦ドローの結果、大坂は1回戦で予選通過者との対戦が決定。勝ち上がれば、第13シードのA・パブリュチェンコワと世界ランク47位のS・ソリベス=トルモ(スペイン)の勝者と対戦する。

女子テニス協会のWTAは公式サイトで大坂に注目し、「勢いに乗りたい大坂。グランドスラムのシングルスで4度の優勝を誇る大坂なおみは、マイアミでは鋭い動きを見せ、決勝まで進んだが、I・シフィオンテク(ポーランド)に敗れた。それが彼女の最後の試合となっている」とつづった。

大坂はムチュア・マドリッド・オープンに過去4回出場。最高成績は2019年のベスト8となっている。

今季、大坂は1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)では3回戦敗退。

3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、WTA1000)では2回戦敗退となるも、翌週のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、WTA1000)では決勝戦へ進出。1年2ヶ月ぶりのタイトル獲得を目指し臨んだもののシフィオンテクに4-6, 0-6のストレートで敗れ、準優勝となった。

4月25日に発表されたWTA世界ランキングでは、前回から1つ下げて36位にランクしている。




>>マドリッドOPのツイート<<