ドミニク・ティーム
画像提供:Getty

男子テニスのミレニアム・エストリル・オープン(ポルトガル/エストリル、レッドクレー、ATP250)は26日、シングルス1回戦が行われ、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場している世界ランク93位のD・ティーム(オーストリア)は同58位のB・ボンズィ(フランス)に3-6, 6-7 (9-11)のストレートで敗れ、今季ツアー3大会連続の初戦敗退となった。

>>大坂 なおみ 1ポイント速報<<

>>マドリッドOP 組み合わせ<<

ティームは第1セット、第5ゲームから3ゲーム連取を許し、38分で先行される。続く第2セット、両者のサービスキープが続きタイブレークに突入すると、ティームは5度のミニブレークを許し、1時間46分で力尽きた。

勝利したボンズィは2回戦で第8シードのS・コルダ(アメリカ)と対戦する。コルダは1回戦で世界ランク157位のPH・エルベール(フランス)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には、第6シードのA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)、同59位のS・バエス(アルゼンチン)、同80位のR・ガスケ(フランス)、同85位のH・デリエン(ボリビア)らが2回戦へ駒を進めた。