会場で練習するラファエル・ナダル
画像提供:Getty

5月1日に開幕する男子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)は28日にSNSを更新。世界ランク4位のR・ナダル(スペイン)が会場に登場し、最初のトレーニングを行ったことを報告した。

>>大坂 なおみvsポタポヴァ 1ポイント速報<<

>>マドリッドOP 組み合わせ<<

大会のインスタグラムは「GOAT(the greatest of all time = 史上最高)がやってきた!」とつづり、ナダルが会場入りする動画を公開している。

35歳のナダルは今季、初戦となった1月のメルボルン・サマーセット(オーストラリア/メルボルン、ハード、ATP250)で最初のタイトルを獲得すると、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)では決勝でD・メドベージェフを破り、2009年以来13年ぶり2度目の優勝を果たすとともに史上最多となる四大大会21勝目を飾った。

さらに2月のアビエルト・メキシカーノ・テルセル・HSBC(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)でもタイトルを獲得。3月のBNPパリバ・オープンでは無敗の20連勝で決勝に進出したものの、T・フリッツ(アメリカ)に敗れ、準優勝となった。

その後は先月22日に肋骨の疲労骨折を報告。それから約1カ月が経過し、ムチュア・マドリッド・オープンが復帰戦に。19回目の出場となるナダルは2017年以来5年ぶり6度目のタイトル獲得を狙う。