(左から)大坂なおみとポタポヴァ
画像提供:Getty

女子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、WTA1000)は29日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク36位の大坂なおみが同78位のA・ポタポヴァを6-3, 6-1のストレートで破り、2年連続3回目の大会初戦突破を決めた。

>>大坂 なおみvsポタポヴァ 1ポイント速報<<

>>マドリッドOP 組み合わせ<<

両者は初の顔合わせ。

大坂は同大会に過去4回出場。最高成績は2019年のベスト8で、準々決勝で当時18位のB・ベンチッチ(スイス)に6-3, 2-6, 5-7の逆転で敗れている。一方、予選を勝ち抜いた21歳のポタポヴァは本戦初出場となる。

この試合の勝者は2回戦で第13シードのA・パブリュチェンコワと世界ランク47位のS・ソリベス=トルモ(スペイン)のどちらかと対戦する。