大坂なおみ
画像提供:Getty

女子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、WTA1000)は29日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク36位の大坂なおみが同78位のA・ポタポヴァを6-3, 6-1のストレートで破り、2年連続3回目の大会初戦突破を決めた。

>>大坂 なおみ 2回戦 1ポイント速報<<

>>マドリッドOP 組み合わせ<<

準優勝で終わった3月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、WTA1000)の決勝戦以来となる公式戦を迎えた大坂なおみ。

初の顔合わせとなったこの一戦は序盤、互いにサービスキープが続くも、第5ゲームで最初のブレークを許す。それでも大坂は直後にブレークバックに成功すると、第8ゲームでこの日2度目のブレークに成功して32分で先行する。

続く第2セット、勢いに乗った大坂は第1ゲームからブレークに成功すると、その後ブレークを2度成功させて、4ゲームを連取。ポタポヴァを圧倒し約1時間で同一戦を制している。

勝利した大坂は2回戦で第13シードのA・パブリュチェンコワと世界ランク47位のS・ソリベス=トルモ(スペイン)のどちらかと対戦する。

なお、大坂は同大会に過去4度出場し最高成績は2019年のベスト8。今大会では最高成績を目指すとともに、今季初のタイトル獲得を目指す。

今季、大坂は1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で3回戦敗退。3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、WTA1000)では2回戦敗退となるも、翌週のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、WTA1000)で決勝戦へ進出。1年2ヶ月ぶりのタイトル獲得を目指し臨んだものI・シフィオンテク(ポーランド)に敗れ、準優勝となった。