フェリックス・オジェ アリアシム
画像提供:Getty

男子テニスのミレニアム・エストリル・オープン(ポルトガル/エストリル、レッドクレー、ATP250)は29日、シングルス準々決勝が行われ、第1シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)は第8シードのS・コルダ(アメリカ)に2-6, 2-6のストレートで敗れ、前週のバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)に続き2週連続でベスト4進出を逃した。

>>大坂 なおみvsソリベス=トルモ 1ポイント速報<<

>>マドリッドOP 男子の組み合わせ<<

今大会、上位4シードは1回戦免除のため初戦となった2回戦で世界ランク92位のC・タベルネル(スペイン)を逆転で破ったオジェ アリアシム。

この試合の第1セットでは第3ゲームでブレークを許す。直後の第4ゲームで2度のブレークポイントを凌がれると第5ゲームでもブレークを奪われ先行される。第2セットでも流れを掴めないオジェ アリアシムは第1ゲームでいきなりブレークを許す。ファーストサービスが入った時のポイント獲得率が35パーセントに留まると第5・第7ゲームでもブレークを許して1時間29分で力尽きた。

勝利したコルダは準決勝で第5シードのF・ティアフォー(アメリカ)と対戦する。ティアフォーは準々決勝で第4シードのA・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)を7-6 (7-5), 5-7, 7-5の逆転で破っての勝ち上がり。

同日には第6シードのA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)と世界ランク59位のS・バエス(アルゼンチン)が4強に駒を進めている。

※2022/04/30 14:00訂正
オジェ アリアシムの初戦を2回戦に訂正しました。