レアル・マドリーの試合に登場したナダル
画像提供:Getty

男子テニスで世界ランク4位のR・ナダル(スペイン)は30日にインスタグラムを更新。スペインのサンティアゴ・ベルナベウで行われたサッカーのレアル・マドリー対エスパニョールの試合に招待され、観戦したことを明かしている。

>>大坂 なおみvsソリベス=トルモ 1ポイント速報<<

>>マドリッドOP 女子組み合わせ<<

世界ランク9位のC・アルカラス(スペイン)もスタンド観戦に訪れた同試合ではレアル・マドリーが4−0で勝利。2シーズンぶり35回目の優勝を成し遂げている。

ピッチ内に登場したナダルはキックオフ前のセレモニーに参加。サッカーボールを蹴る姿を披露している。

投稿では2枚の写真と共に「サンティアゴ・ベルナベウでの試合に招待してくれたレアル・マドリーにとても感謝している。本当に光栄だ。マドリディスタの皆さん、歓迎してくれてありがとう。印象的な雰囲気。リーグ優勝おめでとう」とつづっている。

35歳のナダルは今季、初戦となった1月のメルボルン・サマーセット(オーストラリア/メルボルン、ハード、ATP250)で最初のタイトルを獲得すると、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)では決勝でD・メドベージェフを破り、2009年以来13年ぶり2度目の優勝を果たすとともに史上最多となる四大大会21勝目を飾った。

さらに2月のアビエルト・メキシカーノ・テルセル・HSBC(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)でもタイトルを獲得。3月のBNPパリバ・オープンでは無敗の20連勝で決勝に進出したものの、T・フリッツ(アメリカ)に敗れ、準優勝となった。

その後は3月22日に肋骨の疲労骨折を報告。それから約1カ月が経過し、5月1日に開幕するムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)が復帰戦に。19回目の出場となるナダルは2017年以来5年ぶり6度目のタイトル獲得を狙う。