ヤニック・シナー
画像提供:Getty

男子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)は2日、シングルス1回戦が行われ、第10シードのJ・シナー(イタリア)が世界ランク35位のT・ポール(アメリカ)を6-7 (4-7), 7-6 (7-4), 6-3の逆転で破り、2年連続の初戦突破を果たした。

>>マドリッドOP 男子組み合わせ・結果<<

>>マドリッドOP 女子組み合わせ・結果<<

この試合の第1セット、お互いに1度ずつのブレークを奪い、タイブレークに突入。シナーは3度のミニブレークを許し、1時間9分で先行される。

続く第2セット、序盤で3ゲーム連取を許したシナーは第9・第12ゲームで3度のマッチポイントを守り切り、タイブレークに突入。シナーは2度のミニブレークに成功し、1時間7分で1セットオールに追いつく。

迎えたファイナルセット、ファーストサービス時のポイント獲得率が83%、1度もブレークポイントを与えず。自身は1度のブレークに成功して、3時間で勝利を決めた。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトでシナーのコメントを紹介している。

「とてもとても難しい状況だった。第1セットで5-2とリードしていたのに、落としてしまった。彼(ポール)はとてもいいタイブレークをした。第2セットもジェットコースターのようなものだった」

「2回戦に進出できてうれしい。明らかにタフな試合だったし、次の試合はどうなるか見てみよう。今日は自分のベストパフォーマンスではなかったと思うので、次のラウンドではもっとレベルを上げられるようにしたい。でも、とても難しい試合だったし、難しい相手だったので、勝てたことはうれしい」

勝利したシナーは2回戦で世界ランク22位のA・デ ミノー(オーストラリア)と対戦する。デ ミノーは1回戦で同44位のP・マルティネス(スペイン)をフルセットで下しての勝ち上がり。

同日には、第9シードのC・ノリー(イギリス)、第13シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)、第14シードのD・シャポバロフ(カナダ)、世界ランク20位のG・ディミトロフ(ブルガリア)、同21位のG・モンフィス(フランス)、同29位のA・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)、同78位のA・マレー(イギリス)らが2回戦へ駒を進めた。