マリン・チリッチ
画像提供:Getty

男子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)は3日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク24のM・チリッチ(クロアチア)が同43位のA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)を6-3, 3-6, 6-4のフルセットで破り、2019年以来3年ぶり9度目の初戦突破を果たした。

>>ジョコビッチvsモンフィス 1ポイント速報<<

>>マドリッドOP 男子組み合わせ<<

前週のミレニアム・エストリル・オープン(ポルトガル/エストリル、レッドクレー、ATP250)では初戦敗退を喫していた元世界3位のチリッチ。この試合の第1セットでは第3ゲームで先にブレークを許す。しかし、直後の第4ゲームでブレークバックに成功すると、そこから4ゲームを連取し先行する。

第2セット、第4ゲームでブレークを許したチリッチは1度もブレークチャンスを掴めずセットカウント1−1に追いつかれる。迎えたファイナルセットでは第3ゲームで先にブレークを許すも第8ゲームでブレークに成功。3ゲームを連取し2時間14分で勝利した。

勝利したチリッチは2回戦で第2シードのA・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。今大会の上位8シードは1回戦免除のため、ズベレフはこの試合が初戦となる。

同日には第6シードのA・ルブレフが16強、第12シードのH・フルカチュ(ポーランド)が2回戦に駒を進めている。