カルロス・アルカラス
画像提供:Getty

男子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)は3日、シングルス2回戦が行われ、第7シードのC・アルカラス(スペイン)が世界ランク27位のN・バシラシヴィリ(ジョージア)を6-3, 7-5のストレートで破り、大会初のベスト16進出を決めた。

>>マドリッドOP 男子組み合わせ・結果<<

>>マドリッドOP 女子組み合わせ・結果<<

先月のバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)決勝でアルカラスは世界ランク18位のP・カレノ=ブスタ(スペイン)を6-3, 6-2のストレートで破り、2月のリオ・オープン(ブラジル/リオデジャネイロ、レッドクレー、ATP500)、3月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)に続き今季3勝目をあげた。

アルカラスはバシラシヴィリに対して、ファーストサービス時のポイント獲得率が73%。リターンゲームでは3度のブレークに成功し、34分で第1セットを先取。

第2セット、序盤で1ブレークダウンとリードされたアルカラス(2-3)は、第9ゲームから4ゲーム連取に成功し、1時間23分で勝利した。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトでアルカラスのコメントを紹介している。

「いいプレーができたと思う。タフな相手だし、彼(バシラシヴィリ)は本当にハードにプレーしている。どの大会でも初戦は厳しいと思うけど、最初から最後まで集中していたし、3回戦進出ができて本当にうれしい」

アルカラスは3回戦で第9シードのC・ノリー(イギリス)と世界ランク23位のJ・シナー(イタリア)のどちらかと対戦する。

同日に行われた2回戦では、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)、第6シードのA・ルブレフ、世界ランク78位のA・マレー(イギリス)らが16強へ駒を進めた。また1回戦では、第12シードのH・フルカチュ(ポーランド)、第17シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)、世界ランク24位のM・チリッチ(クロアチア)、同30位のS・コルダ(アメリカ)らが2回戦へ進出している。