エマ・ラドゥカヌ
画像提供:Getty

女子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、WTA1000)は3日、シングルス3回戦が行われ、第9シードのE・ラドゥカヌ(イギリス)は世界ランク37位のA・カリーニナ(ウクライナ)に2-6, 6-2, 4-6のフルセットで敗れ、大会初のベスト8進出を逃した。

>>ナダルvsキツマノビッチ 1ポイント速報<<

>>マドリッドOP 男子組み合わせ・結果<<

4月のポルシェ・テニス・グランプリ(ドイツ/シュトゥットガルト、レッドクレー、WTA500)では8強入りを果たしたラドゥカヌ。それ以来の公式戦となったラドゥカヌは初出場となった今大会の2回戦で世界ランク60位のM・コスチュク(ウクライナ)を6-2, 6-1のストレートで下し勝ち上がりを決めていた。

この試合の第1セット、第1ゲームでいきなりブレークを許したラドゥカヌ。1度もブレークチャンスを掴めずに試合が進むと第7ゲームでもブレークを許して先行される。第2セットでは第2ゲームで先にブレークに成功。直後の第3ゲームでブレークバックを許すも第4ゲームで再びブレークに成功しゲームカウント4-1とリードする。すると第8ゲームでもブレークに成功しセットカウント1−1に追いつく。

迎えたファイナルセット、第3ゲームでブレークを許したラドゥカヌだったが、第6ゲームでブレークバックに成功。しかし、第9ゲームで再びブレークを奪われ、2時間19分で力尽きた。

勝利したカリーニナは準々決勝で世界ランク35位のJ・タイシュマン(スイス)と対戦する。タイシュマンは3回戦で第16シードのE・リバキナ(カザフスタン)を6-3, 6-1のストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第12シードのJ・ペグラ(アメリカ)と世界ランク47位のS・ソリベス=トルモ(スペイン)が8強に駒を進めている。