ヤニック・シナー
画像提供:Getty

男子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)は4日、シングルス2回戦が行われ、第10シードのJ・シナー(イタリア)が世界ランク22位のA・デ ミノー(オーストラリア)を6-4, 6-1のストレートで破り、大会初のベスト16進出を果たすとともにマッチ通算100勝を達成した。

>>マドリッドOP 男子組み合わせ・結果<<

>>マドリッドOP 女子組み合わせ・結果<<

1回戦で世界ランク35位のT・ポール(アメリカ)を逆転で破ったシナーはこの試合、序盤で3ゲーム連取に成功する。第8・第10ゲームでブレークに成功し46分で第1セットを先取。

第2セット、シナーはファーストサービス時のポイント獲得率が85%、1度もブレークポイントを与えず。自身は2度のブレークに成功し1時間14分で3回戦進出を果たした。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトでシナーのコメントを紹介している。

「私は自分の道を歩んできた。最初の優勝を覚えていて、今こうして100勝している。そのために努力しているので、もっと多くなることを願っている。僕はただテニスをするのが好きだ」

「どの試合でも勝つと素晴らしい瞬間になる。大会で優勝したときは、とても特別な気持ちになる。ソフィア・オープン(ブルガリア/ソフィア、室内ハード、ATP250)で初めて優勝した時はとても特別なものだった」

「ネクストジェンやワシントンでは、ATP500で優勝したことも特別なことだった。また、特定の試合はとても特別で、自分自身を誇りに思うことができる。でも、僕は毎日より懸命に頑張る」

勝利したシナーは3回戦で第8シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)と対戦する。オジェ アリアシムは2回戦で世界ランク39位のC・ガリン(チリ)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には、第2シードのA・ズベレフ(ドイツ)、第3シードのR・ナダル(スペイン)、第4シードのS・チチパス(ギリシャ)、第9シードのC・ノリー(イギリス)、第12シードのH・フルカチュ(ポーランド)らが16強へ駒を進めた。