ステファノス・チチパス
画像提供:Getty

男子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)は4日、シングルス2回戦が行われ、第4シードのS・チチパス(ギリシャ)がワイルドカード(主催者推薦)で出場している世界ランク174位のL・プイユ(フランス)を6-3, 6-4のストレートで破り、2年連続のベスト16進出を果たした。

>>マドリッドOP 男子組み合わせ・結果<<

>>マドリッドOP 女子組み合わせ・結果<<

上位8シードは1回戦免除のため、この日が初戦だったチチパスはこの試合、第3ゲームで先にブレークに成功したが第5ゲームでブレークバックされる。しかし、第6ゲームで再びブレークを奪い31分で第1セットを先取。

第2セット、チチパスはファーストサービス時のポイント獲得率が100%、1度もブレークポイントを与えず。自身は1度のブレークに成功し1時間8分で3回戦進出を果たした。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトでチチパスのコメントを紹介している。

「良い魔法だった、かなりの量の魔法の粉だ。この大会の序盤で素晴らしいスタートを切ることができた。過去にいいプレーができた。このサーフェスではいいプレーができたけど、毎日が違うチャレンジ」

「みんな僕と対戦する時は最高のプレーをしたいから、できるだけコンスタントにプレーするようにするよ」

勝利したチチパスは3回戦で世界ランク20位のG・ディミトロフ(ブルガリア)と対戦する。ディミトロフは2回戦で第13シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には、第2シードのA・ズベレフ(ドイツ)、第3シードのR・ナダル(スペイン)、第9シードのC・ノリー(イギリス)、第10シードのJ・シナー(イタリア)、第12シードのH・フルカチュ(ポーランド)らが16強へ駒を進めた。