グリゴール・ディミトロフ
画像提供:Getty

男子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)は4日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク20位のG・ディミトロフ(ブルガリア)が第13シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)を6-0, 6-3のストレートで破り、2017年以来5年ぶりのベスト16進出を決めた。

>>ジョコビッチvsマレー 1ポイント速報<<

>>マドリッドOP 男子組み合わせ・結果<<

1回戦で世界ランク64位のM・クレッシー(アメリカ)をストレートで破ったディミトロフはこの試合、ファーストサービス時のポイント獲得率が83%と高く、1度もブレークを許さず。自身は5度のブレークに成功し1時間9分で勝利した。

男子プロテニス協会のATPが公式インスタグラムで、試合直後のディミトロフのコメントを紹介している。

「ファンの皆さん、僕はちょうど試合を終えたところだよ。とてもいい気分で、とてもいい2セットだった。ここ数日、雨で天候が荒れているよね。少し肌寒いけど、僕たちはそれが好きなんだ。僕たちはアクティブにプレーし続ける必要があるんだ。とにかく、次の試合に向けて応援をお願いします」

勝利したディミトロフは3回戦で第4シードのS・チチパス(ギリシャ)と対戦する。チチパスは2回戦でワイルドカード(主催者推薦)で出場している世界ランク174位のL・プイユ(フランス)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には、第2シードのA・ズベレフ(ドイツ)、第3シードのR・ナダル(スペイン)、第8シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)、第9シードのC・ノリー(イギリス)、第10シードのJ・シナー(イタリア)、第12シードのH・フルカチュ(ポーランド)らが16強へ駒を進めた。