西岡良仁(マドリッドOP時)
画像提供:Getty

男子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)は7日、シングルス予選1回戦が行われ、世界ランク86位の西岡良仁は第5シードで同49位のF・セルンドロ(アルゼンチン)に6-7(5-7), 3-6のストレート負けを喫した。

>>ジョコビッチらBNLイタリア国際 男子組合せ<<

>>大坂らBNLイタリア国際 女子組合せ<<

2試合に勝利すれば本戦に出場できるこの予選。西岡が予選から出場するのは2年連続3度目のことで、いずれも本戦出場を決めている。今大会での最高成績は2020年大会での2回戦進出。

西岡は現在行われているムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)では予選1回戦で世界ランク63位のL・ムセッティ(イタリア)に5-7, 3-6のストレートで敗れていた。

初顔合わせとなったこの試合、第1セットは互いに3度ずつブレークを奪ってタイブレークに突入。西岡が先にミニブレークに成功するもセルンドロに巻き返されて先取される。

第2セット、序盤に2ゲーム連続でブレークを許した西岡は第9ゲームでもブレークされ、初戦で姿を消した。

BNLイタリア国際の本戦は8日に開幕し、第1シードはN・ジョコビッチ(セルビア)、第2シードはA・ズベレフ(ドイツ)、第3シードはR・ナダル(スペイン)、第4シードはS・チチパス(ギリシャ)、第5シードはC・ルード(ノルウェー)、第6シードはA・ルブレフ、第7シードはC・アルカラス(スペイン)、第8シードがF・オジェ アリアシム(カナダ)。上位8シードは1回戦免除のため2回戦から登場する。