土居美咲(マドリッドOP)
画像提供:Getty

女子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、WTA1000)は7日、シングルス予選1回戦が行われ、第14シードの土居美咲は世界ランク194位のS・バンデッキ(スイス)に4-6, 6-3, 3-6のフルセットで敗れた。

>>大坂らBNLイタリア国際 女子組合せ<<

>>ジョコビッチらBNLイタリア国際 男子組合せ<<

土居は今大会に6度目の出場で、過去の最高成績は2016年のベスト8。昨年は予選1回戦で元世界ランク2位のV・ズヴォナレーワにフルセットで敗れていた。

初対戦のバンデッキに対して第1セットを落とした土居は、第2セットで3度のブレークを奪って1セットオールとするも、ファイナルセットで2度のブレークを許して2時間16分で敗れた。

本戦は9日より開幕予定で、日本勢では世界ランク36位の大坂なおみが、1回戦で同47位のS・ソリベス=トルモ(スペイン)と対戦する。両者は今週開催されたムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、WTA1000)の2回戦で対戦し、大坂は3-6, 1-6のストレート負けを喫した。