連覇狙うアレクサンダー・ズベレフ
画像提供:Getty

男子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)は7日、シングルス準決勝が行われ、第2シードのA・ズベレフ(ドイツ)が第4シードのS・チチパス(ギリシャ)を6-4, 3-6, 6-2のフルセットで下し、2年連続3度目の決勝進出を果たした。

>>アルカラスvsズべレフ決勝 1ポイント速報<<

>>マドリッドOP 男子組み合わせ・結果<<

両者は11度目の顔合わせでチチパスの7勝3敗。直近では4月のロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)準決勝で対戦しており、その時はチチパスが6-4, 6-2のストレートで勝利している。

ズベレフは準決勝で第8シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)を6-3, 7-5のストレートで下し、2年連続3度目のベスト4進出を果たした。一方、チチパスは準々決勝で第6シードのA・ルブレフを6-3, 2-6, 6-4のフルセットで破り、2019年以来3年ぶり2度目の4強入りを決めた。

大会連覇を狙うズべレフと、モンテカルロで2連覇を達成したチチパスの一戦は第1セット、ズべレフが第7ゲームで先にブレークに成功すると、チチパスに1度もブレークチャンスを与えず、34分で先取する。

第2セット、互いにサービスキープが続くなか、第8ゲームでズベレフがダブルフォルトを2本犯してチチパスがブレークに成功。サービングフォーザセットの第9ゲームをチチパスがキープして1セットオールに並ぶ。

試合の流れはチチパスに傾いたかと思われたが、ズベレフがファイナルセット序盤で3ゲーム連取に成功。チチパスの追撃を許さず、ズベレフが2年連続の決勝進出を果たした。

ズべレフは決勝で、第7シードのC・アルカラス(スペイン)と対戦する。アルカラスは準決勝で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)を6-7(5-7),7-5, 7-6(7-5)の逆転で破っての勝ち上がり。

ズべレフとアルカラスは3度目の顔合わせで、昨年ズべレフがハードコートで2連勝をしている。

両者の決勝戦は、日本時間9日1時半(現地8日18時半)から行われる予定。