アルカラス、ジョコビッチ
画像提供:Getty

男子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)は7日、シングルス準決勝が行われ、第7シードのC・アルカラス(スペイン)が第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)を6-7(5-7),7-5, 7-6(7-5)の逆転で破り、大会最年少で決勝進出を果たしている。

>>ズベレフvsアルカラス 1ポイント速報<<

>>マドリッドOP 男子組み合わせ・結果<<

今月5日に19歳の誕生日を迎えたアルカラスは、準々決勝で第3シードのR・ナダル(スペイン)を6-2, 1-6, 6-3のフルセットで破り、史上最年少で大会ベスト4進出を決めた。

初対戦の両者。アルカラスは第1ゲームからブレークに成功して幸先の良いスタートを切るが、タイブレークに持ち込まれると、2度のミニブレークを奪われて第1セットを落とす。

第2セット、互いにサービスキープが続くなか、アルカラスが粘りのプレーで第12ゲームにこの日2度目のブレークに成功し、1セットオールとする。

勝負のファイナルセット、サービスキープが続いて迎えた第10ゲームでアルカラスがマッチポイントを掴むもジョコビッチが凌ぎ、この日2度目のタイブレークに突入。3度のミニブレークを奪ったアルカラスが3時間35分に及ぶ熱戦を制した。

ムチュア・マドリッド・オープンは試合後のアルカラスのコメントを公式サイトに掲載。世界1位のジョコビッチを破った試合を次のように振り返った。

「このような試合に勝つことができて、本当にうれしい。昨日はラファ(ナダル)に、今日は世界ナンバー1に勝てたことは、明日の決勝に向けて大きな自信になった。おそらく僕のキャリアの中でも、人生の中でも、間違いなく最高の日のひとつだね」

「タフな瞬間や緊張、コート上のすべてをコントロールできるようになったんだ。長いラリーもできるようになった」

「すべての大会、すべてのサーキットで彼ら(トッププレーヤー)と戦う準備はできている。グランドスラムは5セットで、より長い試合になるから、また違ってくるだろうけど準備はできている。トッププレーヤーは長い間グランドスラムを勝ち抜いてきており、精神的なレベルも違うんだ」

今季4勝目に王手をかけたアルカラスは決勝で、第2シードのA・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。ズベレフは準決勝で第4シードのS・チチパス(ギリシャ)を6-4, 3-6, 6-2のフルセットで下し、2年連続3度目の決勝進出を果たした。

決勝戦は日本時間9日午前1時半(現地8日18時半)以降に行われる予定。