スタン・ワウリンカ
画像提供:Getty

男子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)は9日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク361位のS・ワウリンカ(スイス)が第14シードのR・オペルカ(アメリカ)を1-6, 7-5, 6-2の逆転で破り、2021年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)以来、1年3カ月ぶりに白星を挙げた。試合後の会見では手術後に引退していた可能性があったと明かした。

>>BNLイタリア国際 男子組合せ・結果<<

>>BNLイタリア国際 女子組合せ・結果<<

元世界3位のワウリンカは今季、3月のエニーテック365・アンダルシア・オープン(スペイン/マルベーリャ、クレー、ATPチャレンジャー)に出場。昨年3月のカタール・エクソンモービル・オープン(カタール/ドーハ、 ハード、ATP250)以来 約1年ぶりの公式戦となったがストレートで敗れ、白星で飾ることはできなかった。

さらに4月のロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)に出場したものの1回戦で世界ランク41位のA・ブブリク(カザフスタン)に敗れ初戦敗退となっていた。

この日の第1セット、ワウリンカは第5ゲームから3ゲーム連取を許し先行される。第2セットでは第5ゲームで先にブレークを許すも第8ゲームでブレークバックに成功。第12ゲームでもブレークを奪ってセットカウント1−1に追いつく。

迎えたファイナルセットではファーストサービスが入った時に92パーセントの確率でポイントを獲得し、オペルカに1度もブレークチャンスを与えず。終盤で4ゲームを連取し、2時間5分で勝利した。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトにワウリンカのコメントを掲載し「コート上では、全般的にいい感じだった。体力的にはとても良かったよ。1年以上試合に勝っていないと必要以上に考えてしまい、正しいことに集中できなくなる。第2セットの終わりから第3セットにかけては、自分のテニスをより良く感じることができるようになった。この勝利には本当に満足している」と語った。

「2度の手術の後、この歳なら簡単に現役を引退していたかもしれない。若いころに想像していたよりも、はるかに良いキャリアを過ごしたからね。でも、僕はまだやる気に満ち溢れている。素晴らしいテニスができると信じている。今すぐではないかもしれないけれど、数ヵ月後には大きな結果を残せると信じているよ」

「近道はない。コート内外で時間を大切にする必要があった。長い間、休んでいたから、体重も増えたし、大変だった。足の手術ではあまり多くのことができないからね。復帰するためには多くの努力が必要だったが、モンテカルロ以来、すでにここ数週間はずっと良くなっている」

勝利したワウリンカは2回戦で世界ランク58位のL・ジェレ(セルビア)と対戦する。ジェレは1回戦で同262位のB・チョリッチ(クロアチア)を6-2, 6-7 (3-7), 7-6 (9-7)のフルセットで下しての勝ち上がり。

同日には第13シードのD・シャポバロフ(カナダ)、第15シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)、世界ランク22位のA・デ ミノー(オーストラリア)らが2回戦に駒を進めている。