錦織圭
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスで世界ランク74位の錦織圭は10日、公式アプリ「KEI NISHIKORI」を更新し、トレーニングをする動画を公開した。

>>BNLイタリア国際 男子組合せ・結果<<

錦織はジムでデッドリフト(ウェイトトレーニング)をする様子を投稿。動画には「重りが大きくなってきた」とつづっている。

錦織は1月のシドニーテニスクラシック(オーストラリア/シドニー、ハード、ATP250)と全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)への出場を予定していたが、股関節の負傷のため欠場。その後、同月25日には同箇所の手術を受けたことを報告して、約6カ月間ツアーを離脱すると発表しており、復帰は7月から8月を予定している。

それ以降、歩行訓練やエアロバイク、階段を昇る等のリハビリに励む様子を投稿。3月7日にはストロークの練習をする動画を公開すると、その後はランニングやバーベルを用いたトレーニングを行っていた。また、先月にはボレーの練習動画を公開している。