ラファエル・ナダル
画像提供:Getty

男子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)は11日、シングルス2回戦が行われ、、第3シードのR・ナダル(スペイン)が世界ランク27位のJ・イズナー(アメリカ)を6-3, 6-1のストレートで破り、14年連続でベスト16進出を決めた。試合後、ナダルは「序盤は良くなかった」と語った。

>>ナダルvsシャポバロフ 1ポイント速報<<

>>ジョコビッチvsワウリンカ 1ポイント速報<<

前週に行われたムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)では、準々決勝でC・アルカラス(スペイン)に2-6, 6-1, 3-6のフルセットで敗れたナダル。

BNLイタリア国際では過去に10度(2005, 2006, 2007, 2009, 2010, 2012, 2013, 2018, 2019, 2021)タイトルを獲得し、今大会では2年連続の大会制覇、そして今季ツアー4勝目を狙う。

上位8シードは1回戦免除のため、この日が初戦となった昨年王者のナダルは第1セット、第8ゲームにこの日最初のブレークに成功して43分で先行する。

続く第2セット、第1ゲームからブレークを奪ったナダルは第5・第7ゲームでもブレークに成功して4ゲームを連取。1時間16分で勝利した。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトにナダルのコメントを掲載。次のようにイズナーとの一戦を振り返った。

「間違いなく、スタートよりいいプレーができたよ。試合の序盤は僕にとって良くなかった。僕はただ自分のことに集中した。今までよりもっといいプレーをしなければならないし、もっともっといいプレーをするために練習しなければならないと思ったよ」

「彼(イズナー)はリターンで何度かチャンスを作り、2つのブレークポイントを握っていた。でも彼がミスしたことで、僕がブレークをすることができた。その後、試合の流れは変わったね。第1セットを取ったことで、第2セットの第1ゲームからブレークできた。そこからすべてが変わったんだ」

勝利したナダルは3回戦で第13シードのD・シャポバロフ(カナダ)と対戦する。シャポバロフは2回戦で世界ランク25位のN・バシラシヴィリ(ジョージア)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第2シードのA・ズベレフ(ドイツ)や第4シードのS・チチパス(ギリシャ)、第10シードのJ・シナー(イタリア)、世界ランク361位のS・ワウリンカ(スイス)らが3回戦へ駒を進めている。