ラファエル・ナダル
画像提供:Getty

男子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)は12日、シングルス3回戦が行われ、第3シードで昨年王者のR・ナダル(スペイン)は第13シードのD・シャポバロフ(カナダ)に6-1, 5-7, 2-6の逆転で敗れ、8強入りを逃している。

>>BNLイタリア国際 男子組合せ・結果<<

>>BNLイタリア国際 女子組合せ・結果<<

両者は6度目の顔合わせで、ナダルの4勝1敗。直近では今年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)準々決勝で対戦。その時はフルセットの末にナダルが勝利している。

また、両者は昨年のBNLイタリア国際の3回戦でも対戦しており、この時はナダルが逆転で勝利した。

2年連続11度目の大会制覇を狙うナダルと、2020年のセミファイナリストのシャポバロフによる一戦は第1セット、ナダルが第4、第6ゲームでブレークに成功して先取する。

ナダルの一方的な展開が進むかと思われた第2セット、シャポバロフが先にブレークに奪いゲームカウント4-1とリードする。ナダルは第7ゲームでブレークバックに成功するも、第12ゲームでシャポバロフがブレークし、1セットオールとする。

迎えたファイナルセット、ナダルがファーストゲームでブレークをするも直後の第2ゲームでシャポバロフがブレークバック。シャポバロフはさらに第6ゲームでナダルのサービスゲームを破ると、このリードを守って勝利を掴んだ。

男子プロテニス協会のATPは試合後のナダルのコメントを公式サイトに掲載。次のように試合を振り返っている。

「僕は怪我をしながら生きている。僕の一日一日は難しいよ。懸命に努力しているけど、もちろん状況を受け入れるのが難しい時もあるんだ。正しい練習ができない日も多いしね」

「今日は第2セットの途中から僕にとってはプレーできないような状態だった。もちろんデニスは素晴らしかった。今日は彼のためにあったと思う」

「試合はずっといい感じで始まっていたのに。だから悲しい気分だよ。たくさんのポジティブなことがあったのに、こうなってしまうと残りのポジティブなことが消えてしまう。今は状況を受け入れて戦う時だね」

勝利したシャポバロフは準々決勝で第5シードのC・ルード(ノルウェー)と対戦する。両者は2度目の対戦でルードの1勝0敗。

また同日に行われた3回戦では、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)、第2シードのA・ズベレフ(ドイツ)、第4シードのS・チチパス(ギリシャ)、第8シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)、第10シードのJ・シナー(イタリア)、世界ランク45位のC・ガリン(チリ)が勝利し、準々決勝進出を決めている。