ジョコビッチ、オジェ アリアシム
画像提供:Getty

男子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)は13日、シングルス準々決勝が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第8シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)を7-5, 7-6(7-1)のストレートで下し、9年連続で準決勝へ進出した。試合後、ジョコビッチは対戦したオジェ アリアシムを賞賛している。

>>ジョコビッチvsルード 1ポイント速報<<

>>チチパスvsズベレフ 1ポイント速報<<

同大会を過去5度制しているジョコビッチは、3回戦で世界ランク361位のS・ワウリンカ(スイス)との26度目の対戦を6-2, 6-2で勝利し、準々決勝へ進出。

一方、オジェ アリアシムは3回戦で世界ランク60位のM・ギロン(アメリカ)を6-3, 6-2のストレートで下して8強へ駒を進めた。

初顔合わせとなったジョコビッチとオジェ アリアシムの一戦は第1セット、ジョコビッチが第8ゲームで先にブレークし、第9ゲームでサービングフォーザセットを迎えるもオジェ アリアシムがブレークバックに成功。このままタイブレークにもつれるかと思われたが、ジョコビッチが第12ゲームで再びブレークし、先取する。

第2セット、サービスキープが続くなかジョコビッチが第6ゲームでブレークを奪って均衡を破るも、オジェ アリアシムが第9ゲームでブレークバック。両者譲らずタイブレークに突入するとジョコビッチが先にミニブレークに成功し、オジェ アリアシムを振り切って準決勝進出を決めた。

男子プロテニス協会のATPは試合後のジョコビッチのコメントを公式サイトに掲載。次のように試合を総括している。

「レベルの高いテニスだった。彼は僕にレベルを上げなければならないことを気づかせてくれたし、僕はコンスタントに良いプレーをしなければならなかった。もっと早く試合を終わらせることができたと思うんだけどね。でも、反撃に出てきた彼を賞賛したい。今夜は素晴らしい雰囲気だった」

「フェリックスのことはよく知っている。彼は何年も男子テニス界をリードしてきたからね。彼は危険なサーブを持ってるんだ。彼のサーブはボックス内の自分のスポットに驚くほどよく当たっていて、僕にとってはリターンするのがまったく簡単じゃなかった。彼はリターンもうまいし動きもいい。彼はとても完成された選手だ」

ジョコビッチは準決勝で第5シードのC・ルード(ノルウェー)と対戦する。ルードは準々決勝で第13シードのD・シャポバロフ(カナダ)を7-6 (9-7), 7-5で下しての勝ち上がり。ジョコビッチとルードは3度目の顔合わせで、これまでジョコビッチが2勝している。

また同日に行われた準々決勝では、第2シードのA・ズベレフ(ドイツ)と第4シードのS・チチパス(ギリシャ)が勝利し、両者は準決勝で激突する。