身長差38cmのシュワルツマン、イズナー
画像提供:Getty

男子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)は14日、ダブルス準決勝が行われ、J・イズナー(アメリカ)/D・シュワルツマン(アルゼンチン)組がA・ゴルベフ(カザフスタン)/M・ゴンザレス(アルゼンチン)組を6-4, 4-6, [11-9]の接戦の末に下し、決勝進出を決めた。

>>ジョコビッチvsチチパス決勝1ポイント速報<<

>>BNLイタリア国際 男子組合せ・結果<<

身長208センチのイズナーと170センチのシュワルツマンによる身長差38センチの「イズナーマン」がペアを組むのは今大会が初めて。

イズナーはこれまでダブルスでツアー通算8勝。今年は3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)をJ・ソック(アメリカ)とのペアで、翌週のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)をH・フルカチュ(ポーランド)とのペアで優勝をおさめ、イズナー個人としてはダブルスで「サンシャイン・ダブル」を達成した。

一方のシュワルツマンは、これまでダブルスでのツアー優勝はないものの4度の準優勝経験を持ち、2019年にはD・ティーム(オーストリア)とのペアで2度ファイナリストになっている。

準決勝、イズナー/シュワルツマン組は第1セットを先取するも第2セットを奪われ、勝敗の行方はマッチタイブレークにもつれ込む。ポイント9-8で迎えた最初のマッチポイントは逃すも、11-9で勝利を掴んだ。

この勝利により、イズナーはATPマスターズ1000のダブルスで、同年に3度すべて異なるペアで決勝に進出した初めての選手となった。

イズナー/シュワルツマン組は決勝で、昨年東京オリンピック(日本/東京、有明テニスの森、ハード)を含むツアー9勝を挙げた第3シードのN・メクティッチ(クロアチア)/ M・パビッチ(クロアチア)組と対戦する。メクティッチ/ パビッチ組は準決勝で、S・ボレッリ(イタリア)/ F・フォニーニ(イタリア)組をストレートで下しての勝ち上がり。

両ペアによる決勝は日本時間15日21時(現地15日14時)以降に行われる。


>>BNLイタリア国際 公式Twitter<<