全豪OP予選の日比野菜緒
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は16日、シングルス予選1回戦が行われ、世界ランク215位の日比野菜緒が同262位のS・ヴィケリー(アメリカ)を6-2, 6-2のストレートで破り、初戦突破を果たした。

>>全仏予選 日比野 菜緒1ポイント速報<<

同大会に7度出場し、2020年と2021年で2回戦進出を果たしている日比野は第1セット、第1ゲームでブレークに成功すると第5ゲームでもブレークを奪い、ゲームカウント4-1とリードする。直後の第6ゲームでこの日初のブレークを許すも第7ゲームで3度目のブレークに成功して先行する。

続く第2セットではブレークを奪い合う展開となるも第4ゲームをサービスキープした日比野が第8ゲーム絵サービング・フォー・ザ・マッチを迎える。2度目のマッチポイントをものし、1時間8分で勝利した。

勝利した日比野は予選2回戦で第19シードの本玉真唯とY・ハトウカの勝者と対戦する。