ドミニク・ティーム
画像提供:Getty

男子テニスのゴーネット・ジュネーブ・オープン(スイス/ジュネーブ、レッドクレー、ATP250)は16日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク194位のD・ティーム(オーストリア)は同134位のM・チェッキナート(イタリア)に3-6, 4-6のストレートで敗れ、復帰から6大会連続で初戦敗退となった。

>>全仏予選杉田 祐一vsカラベリ 1ポイント速報<<

昨年6月に右手首を負傷してからツアー離脱を強いられていた元世界3位のティーム。今年3月のエニーテック365・アンダルシア・オープン(スペイン/マルベーリャ、クレー、ATPチャレンジャー)で11か月ぶりの復帰を果たすも初戦敗退となった。

この日のティームは、第1セットの第6ゲームでブレークを許し44分で先行される。続く第2セット、お互いにサービスキープが続く中、第6ゲームから3ゲーム連取を許し1時間33分で力尽きた

勝利したチェッキナートは2回戦で世界ランク81位のK・マイクシャク(ポーランド)と対戦する。マイクシャクは1回戦で第8シードのA・ブブリク(カザフスタン)をフルセットで下しての勝ち上がり。

同日には第7シードのF・デルボニス(アルゼンチン)、世界ランク50位のI・イヴァシカ、同67位のB・ペール(フランス)、同75位のR・ガスケ(フランス)が2回戦へ駒を進めた。