内島萌夏
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は17日、シングルス予選1回戦が行われ、世界ランク209位の内島萌夏が予選第28シードのY・ユウ(中国)を6-2, 6-3のストレートで破り、初戦突破を決めた。

>>全仏予選 日比野 菜緒1ポイント速報<<

内島はこの日、4度のブレークを奪って第1セットを先行。第2セットでは第1ゲームから3度ずつブレークを奪い合う展開となるも、内島が終盤に4度目のブレークを奪って同一戦を制している。

また、同日には世界ランク222位の内藤祐希が同211位のR・ホーヘンカンプ(オランダ)を6-4, 6-2でストレートで破り初戦突破を決めた。

内藤は第1セット、第10ゲームに最初のブレークに成功すると第2セットには2度のブレークを奪い勝利している。

なお、勝利した内藤は世界ランク184位のK・フォン ダイヒマン(リヒテンシュタイン)と、内藤はK・ゲルラッハ(ドイツ)とそれぞれ2回戦で対戦する。

また、前日には世界ランク215位の日比野菜緒が同262位のS・ヴィケリー(アメリカ)を6-2, 6-2のストレートで破り、初戦突破を果たした。勝利した日比野は2回戦でY・ハトウカと対戦する。

世界ランク38位の大坂なおみや同97位の土居美咲は本戦から出場が決定している。