フェリシアーノ・ロペス(2021年)
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は17日、予選1回戦が行われ、世界ランク111位のF・ロペス(スペイン)は同166位のジャン・マルコ・モロー(イタリア)に1-6, 6-7 (4-7)のストレートで敗れ、初戦敗退となった。これにより、2002年の全仏オープンから20年続いたグランドスラム連続本戦出場記録は「79」で途絶えた。

>>全仏予選日比野 菜緒1ポイント速報<<

ロペスは、第1セット序盤で5ゲーム連取を許し、22分で第1セットを落とす。続く第2セット、お互いにサービスキープが続き、タイブレークに突入。ロペスは1度のミニブレークを許し、1時間21分で力尽きた。

勝利したマルコ・モローは予選2回戦で世界ランク152位のP・カチーンと対戦する。カチーンは1回戦で同348位のS・ナガル(インド)をストレートで下しての勝ち上がり。