綿貫陽介(ダラスオープン)
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのリヨン・オープン(フランス/リヨン、レッドクレー、ATP250)は19日、シングルス準々決勝が行われ、世界ランク263位の綿貫陽介は第4シードのA・デ ミノー(オーストラリア)に4-6で第1セットを先取された時点で途中棄権をした。試合後、綿貫はSNSを通じて「腰の痛みのためリタイア」したことを明かした。

>>ジョコビッチら 全仏OP男子組合せ<<

>>大坂 なおみら 全仏OP女子組合せ<<

今大会、綿貫は予選決勝で敗れるもラッキールーザーで本戦入りをすると、1回戦で世界ランク43位のP・マルティネス(スペイン)を6-7(2-7), 6-4, 6-2のフルセットで、2回戦では同71位のクォン・スンウ(韓国)を6-3, 6-4のストレートで破り、自身初のATPツアー8強入りを果たした。

一方、デ ミノーは2回戦で同45位のU・アンベール(フランス)を1-6, 6-3, 6-2の逆転で破り、大会初のベスト8に進出。

初のツアー4強入りを狙う綿貫は世界ランク21位のデ ミノーに対してオープニングゲームをキープして幸先の良いスタートを切るが、第3ゲームでブレークを許すと、この1ブレークを挽回することができずに第1セットを先取される。

第1セット終了後、ベンチに戻った綿貫はメディカルチームと話した後、途中棄権を申し入れた。

綿貫は試合後に自身のTwitterを更新し、途中棄権をした理由を明かした。

「今日の試合腰の痛みのためリタイアとなってしまいました。先週の痛みが前の試合後また強く出てしまい、プレーをするか迷いましたが初のベスト8で久しぶりにデミノーと試合が出来る喜びで痛み止めを飲みまくったのですが痛みが引かずリタイアとなりました」

思わぬ形で4強入りを果たしたデ ミノーは、準決勝で世界ランク47位のA・モルカン(スロバキア)と対戦する。