内藤祐希
画像提供:Getty

女子テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は20日、予選決勝が行われ、世界ランク219位の内藤祐希は予選第14シードのL・ツレンコ(ウクライナ)に6-2, 6-7(0-7), 2-6の逆転で敗れ、初の本戦出場を逃した。

>>大坂 なおみら 全仏OP女子組合せ<<

>>大坂 なおみvsアニシモワ 1ポイント速報<<

内藤は同大会の予選2回戦で同232位のK・ゲルラッハ(ドイツ)に2-6, 6-3, 6-3の逆転で勝利。一方、ツレンコは2回戦で2012年のファイナリストで同160位のS・エラーニ(イタリア)をストレートで下しての勝ち上がり。

初の顔合わせとなったこの一戦は、内藤が第1ゲームからブレークを奪われるも直後にブレークバックに成功。その後は終盤に2度のブレークを奪い4ゲームを連取して第1セットを先行する。

続く第2セット、内藤は再び第1ゲームからブレークを奪われるもその後は3度のブレークバックに成功。しかし、タイブレークに突入すると、ツレンコの勢いに押されて7ゲームを連取され1セットオールとされる。

ファイナルセット、内藤は2度のブレークバックで粘るも、終盤に2度のブレークを許し、2時間11分で力尽きた。

勝利したツレンコはこれで8度目の本戦出場。同大会での最高成績は2018年のベスト16進出となっている。

なお、その他の日本勢では、世界ランク215位の日比野菜緒と同209位の内島萌夏も予選から出場。ともに予選決勝で敗れ、本戦進出はならなかった。

また、世界ランク38位の大坂なおみと同97位の土居美咲は本戦からの出場。

大坂は世界ランク28位のA・アニシモワ(アメリカ)と、土居は同40位のA・コルネ(フランス)とそれぞれ1回戦で対戦する。



[PR]全仏前哨戦!ATP250 ジュネーブオープン
5/21(土)までWOWOWオンデマンドでライブ配信!

全仏オープンテニス
5/22(日)〜6/5(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>