全仏OP会場でのラファエル・ナダル
画像提供:Getty

男子テニスで世界ランク5位のR・ナダル(スペイン)は22日に開幕するテニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)の記者会見に登場。怪我明けから3大会目となる同大会に向け「そして前向きに自身の可能性を信じる」と意気込んだ。

>>ジョコビッチ、ナダルら 全仏OP男子組合せ<<

>>大坂 なおみvsアニシモワ 1ポイント速報<<

ナダルは今季、初戦となった1月のメルボルン・サマーセット(オーストラリア/メルボルン、ハード、ATP250)で最初のタイトルを獲得すると、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)では決勝でD・メドベージェフを破り、2009年以来13年ぶり2度目の優勝を果たすとともに史上最多となる四大大会21勝目を飾った。

さらに2月のアビエルト・メキシカーノ・テルセル・HSBC(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)でもタイトルを獲得。3月のBNPパリバ・オープンでは無敗の20連勝で決勝に進出したものの、T・フリッツ(アメリカ)に敗れ、準優勝となった。

記者会見に臨んだナダルは「間違いなく僕より調子のいい選手がいるように見える。今日もそうなんだけど、次の数日間で何が起こるか分からないからね。全豪オープンでも同じことが起こったし、僕はチャンスがあるポジションに自分を置いている。そして、ここでも同じだよ。僕がすべきことは自分のチャンスを信じ、日々こなしたことを信じることだ」と述べた。

3月には肋骨の疲労骨折を報告した35歳のナダル。復帰戦となったムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)では8強、前週のBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)には昨年王者として出場したものの3回戦で敗退となった。

「ローマで起こったことは、僕の練習ではよくあることなんだ。あの後、2〜3日は苦しかったけど、今は良くなっているよ。だからここにいるんだ。僕の目標は、とにかくよく練習して、初戦から戦える状態に持っていくことだ」

全仏オープンで13度の優勝経験を持つナダルは自身18回目の出場となる今大会について「僕にとって、精神的なことは重要じゃない。テニスの面では、もちろん、ドローは非常にタフなものだよ。でも、グランドスラムでは、何が起こるか分からないよ」とコメントした。



[PR]全仏前哨戦!ATP250 ジュネーブオープン
5/21(土)までWOWOWオンデマンドでライブ配信!

全仏オープンテニス
5/22(日)〜6/5(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>