フェリックス・オジェアリアシム
画像提供:Getty

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は22日、男子シングルス1回戦が行われ、第9シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)が予選勝ち上がりで世界ランク122位のJP・バリジャス(ペルー)を2-6, 2-6, 6-1, 6-3, 6-3の逆転で下し、2回戦へ進出した。

>>西岡 良仁vsジョコビッチ 1ポイント速報<<

>>ジョコビッチら 全仏OP男子組合せ<<

オジェ アリアシムは同大会の本戦に過去2度出場し、2020年は西岡良仁に、昨年はA・セッピ(イタリア)に敗れていずれも初戦敗退を喫しているが、今月行われたムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)とBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)では2週連続の8強入りを果たし、クレーコートで結果を残している。

オジェ アリアシムは初顔合わせのバリジャスに対して序盤、サービスゲームが安定せず第1セット、第2セットとも2度ずつのブレークを許し、2セットダウンとされる。

崖っぷちのオジェ アリアシムだったが、第3セットからサービスが安定。第4セットではファーストサーブ時のポイント獲得率が100%を記録するなど、第3セット以降は1度もバリジャスにブレークを許さず。3時間14分の激闘の末に自身初の全仏オープン2回戦へ進出した。

オジェ アリアシムは2回戦で、世界ランク39位のA・カラツェフと同154位のC・ウーゴ カラベッリ(アルゼンチン)の勝者と対戦する。

また同日に行われた1回戦には世界ランク105位のダニエル太郎が登場。ワイルドカード(主催者推薦)で出場しているG・バレールに6-3, 2-6, 6-0, 3-6, 4-6のフルセットで敗れ、2017年以来5年ぶり3度目の初戦突破はならなかった。



[PR]全仏オープンテニス
5/22(日)〜6/5(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>