イガ・シフィオンテク
画像提供:Getty

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は23日、女子シングルス1回戦が行われ、第1シードのI・シフィオンテク(ポーランド)が世界ランク119位のL・ツレンコ(ウクライナ)を6-2, 6-0のストレートで破り、4年連続の初戦突破を果たすとともに今季ツアー29連勝を決めた。

>>全仏OP男子組合せ・結果<<

>>全仏OP女子組合せ・結果<<

シフィオンテクは第1セット、序盤で3ゲーム連取を奪い、第6・第8ゲームでブレークに成功し28分で先行する。

続く第2セット、ファーストサービス時のポイント獲得率が75パーセント、1度もブレークを許さず、わずか54分で勝利した。

女子テニス協会のWTAは公式サイトでシフィオンテクのコメントを紹介している。

「このまま続けたい、いつか連勝が止まるかもしれないことは自覚している。基本的には、統計や数字にとらわれず、自分のテニスに集中するよう毎日努力している」

「テニスをすること、自分のゲームに集中すること、そしてバブルにいること。そうすることで、安定したプレーをすることができる。それがこの数週間やってきたことだし、ここでもそれを続けていくつもりだわ」

勝利したシフィオンテクは2回戦で世界ランク43位のA・リスケ(アメリカ)と同82位のD・ヤストレンスカ(ウクライナ)の勝者と対戦する。

また、今回の勝利によってツアー連勝記録を“29”に伸ばした。

【2000年以降の連勝記録】
1.V・ウィリアムズ(アメリカ)35連勝(2000年)
2.S・ウィリアムズ(アメリカ) 34連勝(2013年)
3.J・エナン(ベルギー)32連勝(2008年)
4.シフィオンテク 29連勝(2022年)
5.S・ウィリアムズ 27連勝(2015年)
6.V・アザレンカ 26連勝(2012年)
7.S・ウィリアムズ 25連勝(2014年)
8.J・エナン 24連勝(2005年)
8.V・ウィリアムズ24連勝(2002年)
9.大坂なおみ 23連勝(2021年)

同日には第27シードのA・アニシモワ(アメリカ)、第32シードのP・クヴィトバ(チェコ)、世界ランク59位のM・トレヴィサン(イタリア)、同65位のA・ペトコビッチ(ドイツ)、同74位のキンウェン・ゼン(中国)らが2回戦へ駒を進めた。



[PR]全仏前哨戦!ATP250 ジュネーブオープン
5/21(土)までWOWOWオンデマンドでライブ配信!

全仏オープンテニス
5/22(日)〜6/5(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>