19歳のディアーヌ・パリーが金星
画像提供:Getty

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は23日、女子シングルス1回戦が行われ、世界ランク97位のD・パリー(フランス)が第2シードでディフェンディングチャピオンのB・クレチコバ(チェコ)を1-6, 6-2, 6-3の逆転で破る金星を挙げた。

>>全仏OP男子組合せ・結果<<

>>全仏OP女子組合せ・結果<<

19歳のパリーは全仏オープンに4年連続の出場で、2019年の2回戦進出が最高成績。

一方、昨年ノーシードから全仏女王に輝いたクレチコバは、今年2月のカタール・トータルエナジーズ・オープン(カタール/ドーハ、 ハード、WTA1000)後から肘の負傷によりツアーを離脱し、今大会が3ヶ月ぶりの復帰戦となった。

雨天によりコート フィリップ・シャトリエの屋根が閉められた状態で行われた同一戦。世界ランク2位のクレチコバは、序盤プレーに硬さの見えるパリーに対して6-1, 2-0とリードするも、ここからパリーが6ゲーム連取で1セットオールとする。

ファイナルセット、クレチコバが第1ゲームでブレークに成功するもパリーは第4、第8ゲームでブレークを奪って、昨年の全仏女王を逆転で破った。

金星を挙げたパリーは、2回戦で世界ランク66位のC・オソリオ(コロンビア)と対戦する。

前日には第6シードのO・ジャバー(チュニジア)、第10シードのG・ムグルサ(スペイン)が初戦敗退を喫しており、上位シード勢が敗れる波乱が続いている。



[PR]全仏オープンテニス
5/22(日)〜6/5(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>