ジョー-ウィルフリード・ツォンガ
画像提供:Getty

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は24日、男子シングルス1回戦が行われ、ワイルドカード(主催者推薦)で出場している世界ランク297位のJW・ツォンガ(フランス)は第8シードのC・ルード(ノルウェー)に6-7 (6-8), 7-6 (7-4), 6-2, 7-6 (7-0)で敗れ、2019年以来3年ぶり10度目の初戦突破とはならなかった。そして、この大会をもって現役生活に幕を下ろした。

>>ジョコビッチら 全仏OP男子組合せ<<

>>シフィオンテクら 全仏OP女子組合せ<<

全仏オープンで過去に2度(2013年、2015年)のベスト4進出を果たしている元世界5位のツォンガ。この試合の第1セットでは、お互いにブレークチャンスを掴めずにタイブレークに突入。タイブレークではお互いにミニブレークを奪い合う展開となるとツォンガが3度目のセットポイントをものし先行する。

続く第2セットでは第7ゲームで先にブレークを許すも直後の第8ゲームでブレークバックに成功。第1セット同様にタイブレークに突入するも2度のミニブレークを許し、セットカウント1−1に追いつかれる。

第3セット、第4ゲームでブレークを許したツォンガ。その後の第8ゲームでもブレークを奪われ、セットカウント2−1とリードされる。迎えた第4セット、お互いにサービスキープが続くも第11ゲームで先にブレークに成功。しかし直後の第12ゲームでブレークバックを許しタイブレークに突入。タイブレークでは7ポイントを連取され、3時間49分の激闘の末に力尽きた。

勝利したルードは2回戦で世界ランク61位のE・ルースブオリ(フィンランド)と対戦する。ルースブオリは1回戦で同46位のU・アンベール(フランス)を6-2, 2-6, 6-7 (4-7), 6-4, 6-2のフルセットで破っての勝ち上がり。

同日には第2シードのD・メドベージェフ、世界ランク56位のL・ジェレ(セルビア)、同70位のR・ガスケ(フランス)が2回戦に駒を進めている。



[PR]全仏オープンテニス
5/22(日)〜6/5(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>