エマ・ラドゥカヌ
画像提供:Getty

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は25日、女子シングルス2回戦が行われ、第12シードのE・ラドゥカヌ(イギリス)は世界ランク47位のA・サスノビッチに6-3, 1-6, 1-6の逆転で敗れ、初の3回戦進出とはならなかった。

>>シフィオンテクら全仏OP女子組合せ・結果<<

>>ジョコビッチvsモルカン 1ポイント速報<<

初出場となった今大会の1回戦で世界ランク184位のL・ノスコワ(チェコ)を逆転で破り2回戦に駒を進めたラドゥカヌ。この試合の第1セットでは第4ゲームで2度のブレークポイントを凌ぐと直後の第5ゲームでブレークに成功。第9ゲームでも再びブレークを奪って先行する。

しかし、第2セット、序盤でノスコワに4ゲーム連取を許す厳しい展開に。19本のウィナーを決められるなど試合を優位に進められセットカウント1−1に追いつかれる。

迎えたファイナルセット、第3ゲームで5度のブレークチャンスを活かせなかったラドゥカヌ。直後の第4ゲームでブレークを許すと5ゲームを連取され、2時間4分で力尽きた。

勝利したサスノビッチは3回戦で第21シードのA・ケルバー(ドイツ)とワイルドカード(主催者推薦)で出場している世界ランク215位のE・ジャクモ(フランス)の勝者と対戦する。

同日には第23シードのJ・タイシュマン(スイス)と第31シードのE・メルテンス(ベルギー)が3回戦に駒を進めている。



[PR]全仏オープンテニス
5/22(日)〜6/5(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>