ダビド・ゴファンが3回戦進出
画像提供:Getty

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は26日、男子シングルス2回戦が行われ、世界ランク48位のD・ゴファン(ベルギー)が第24シードのF・ティアフォー(アメリカ)を3-6, 7-6(7-1), 6-2, 6-4の逆転で破り、3年ぶりの3回戦進出を決めた。

>>全仏OP男子組合せ・結果<<

>>全仏OP女子組合せ・結果<<

全仏オープンに11年連続11度目の出場のゴファンは、初出場の2012年は予選を勝ち上がり4回戦へ進出。これまでの最高成績は2016年のベスト8で、準々決勝でD・ティーム(オーストリア)に6-4, 6-7(7-9), 4-6, 1-6で敗れた。

今大会は1回戦で世界ランク77位のJ・レヘチカ(チェコ)を6-4, 4-6, 6-4, 6-4で下しての勝ち上がり。

一方のティアフォーは1回戦で世界ランク52位のB・ボンズィ(フランス)を7-5, 7-5, 7-6(7-5)で退けての勝ち上がり。

ゴファンとティアフォーは今回が5度目の顔合わせで、これまでゴファンが3勝1敗としている。

この試合、第1セットはティアフォーが第4ゲームでブレークに成功すると、このリードを守って30分で先取する。

追うゴファンは第2セット、第2ゲームでブレークするも第9ゲームでブレークバックを許してタイブレークに突入。3度のミニブレークに成功して1セットオールとする。

ゴファンはブレークの応酬となった第3セットを制すと、第4セットは終盤の第9ゲームでブレークに成功して粘るティアフォーを2時間58分で振り切った。

勝利したゴファンは3回戦で第12シードのH・フルカチュ(ポーランド)と対戦する。フルカチュは2回戦で世界ランク132位のM・チェッキナート(イタリア)をわずか1時間29分で退けて3回戦に進出した。ゴファンとフルカチュは今月行われたBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)で初めて対戦し、ゴファンに7-6(10-8), 7-6(7-2)で軍配が上がっている。

また同日に行われた2回戦では、第2シードのD・メドベージェフ、第8シードのC・ルード(ノルウェー)、第20シードのM・チリッチ(クロアチア)、第28シードのM・キツマノビッチ(セルビア)らが3回戦に駒を進めている。



[PR]全仏オープンテニス
5/22(日)〜6/5(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>