ヤニック・シナー
画像提供:Getty

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は24日、男子シングルス2回戦が行われ、第11シードのJ・シナー(イタリア)が世界ランク89位のR・カルバレス バエナ(スペイン)を3-6, 6-4, 6-4, 6-3の逆転で下し、3年連続3度目の3回戦進出を決めた。

>>シナーら全仏OP男子組合せ・結果<<

>>全仏OP女子組合せ・結果<<

1回戦では世界ランク186位のB・フラタンジェロ(アメリカ)をストレートで下したシナー。

第1セット、19本のアンフォーストエラーを犯すなど、リズムに乗れないシナーはカルバレス バエナに3つのブレークを許して、第1セットを落とす。

それでも、続く第2セットでは5つのサービスエースを決めると、リターンゲームでは第5ゲームにブレークを奪い1セットオールとする。

第3セットでは第1ゲームからブレークし、これを守りぬいてセットカウント2-1と逆転すると、第4セットでは3つのブレークを奪って、3時間44分の熱戦を制した。

男子プロテニス協会のATPは試合後のシナーのコメントを公式サイトに掲載。次のように激闘を振り返った。

「特に序盤は、長いラリーが続いてタフな試合だった。大事なのは続けていくことだ。各セットで重要なポイントを取り続けることができたし、とてもハッピーだよ」

勝利したシナーは3回戦で世界ランク60位のM・マクドナルド(アメリカ)と対戦する。マクドナルドは2回戦で第22シードのN・バシラシヴィリ(ジョージア)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第2シードのD・メドベージェフ、第4シードのS・チチパス(ギリシャ)、第7シードのA・ルブレフ、第11シードのJ・シナー、第12シードのH・フルカチュ(ポーランド)、第20シードのM・チリッチ(クロアチア)、ワイルドカード(主催者推薦)で出場している元世界ランク6位のG・シモン(フランス)、元世界ランク7位のD・ゴファン(ベルギー)らが3回戦へ駒を進めている。



[PR]全仏オープンテニス
5/22(日)〜6/5(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>