ラファエル・ナダル
画像提供:Getty

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は27日、男子シングルス3回戦が行われ、第5シードのR・ナダル(スペイン)が第26シードのB・ファン・デ・ザンスフルプ(オランダ)を6-3, 6-2, 6-4のストレートで破り、6年連続17度目のベスト16進出を果たした。

>>ナダルら全仏OP男子組合せ・結果<<

>>全仏OP女子組合せ・結果<<

ナダルは今大会の2回戦で世界ランク139位のC・ムーテ(フランス)を6-3, 6-1, 6-4のストレートで破り、18年連続で3回戦進出を決めると共にグランドスラム300勝を達成していた。

この試合の第1セットでは第1ゲームでいきなりブレークを許したナダルだったが、直後の第2ゲームでブレークバックに成功。安定したストロークを披露すると第6ゲームで再びブレークに成功。最後はファン・デ・ザンスフルプのショットがネットに掛かった。その後も試合の主導権を握るナダルは37分で先行。ファーストサービスが入った時のポイント獲得率が100パーセントを記録し、第1ゲーム以外のサービスゲームは全てラブゲームでキープした。

続く第2セット、第3・第5ゲームでブレークし5ゲームを連取したナダル。12本のウィナーを決め、圧倒するとブレークポイントを握られることなくセットカウント2−0とリードを広げる。

迎えた第3セットではナダルが序盤で4ゲームを連取。第6ゲームではこの日2度目のブレークを許し3ゲーム連取を許したものの、その後はサービスをキープし、約2時間で勝利した。

勝利したナダルは4回戦で第9シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)と対戦する。オジェ アリアシムは3回戦で世界ランク55位のF・クライノビッチ(セルビア)を7-6 (7-3), 7-6 (7-2), 7-5のストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)、第15シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)が16強に駒を進めている。



[PR]全仏オープンテニス
5/22(日)〜6/5(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>