イガ・シフィオンテク
画像提供:Getty

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は28日、女子シングルス3回戦が行われ、第1シードのI・シフィオンテク(ポーランド)が世界ランク95位のD・コビニッチ(モンテネグロ)を6-3, 7-5のストレートで破り、4年連続のベスト16進出を決めるとともに今季ツアー31連勝を果たした。

>>シフィオンテクら 全仏OP女子組合せ<<

>>メドベージェフvsキツマノビッチ 1ポイント速報<<

2020年大会で優勝を飾ったシフィオンテクは今大会の2回戦で世界ランク43位のA・リスケ(アメリカ)を6-0, 6-2のストレートで破って勝ち上がりを決めた。

この試合の第1セット、第2ゲームでブレークに成功し3ゲームを連取したシフィオンテク。試合を優位に進めるも第7ゲームでこの日初のブレークを許す。それでも直後の第8ゲームでブレークに成功。サービング・フォー・ザ・セットとなった第9ゲームをラブゲームでキープして先行する。

続く第2セットでは第1セットに続き、試合を優位に進めると2度のブレークに成功してゲームカウント4-1とリードする。しかし、直後の第6ゲームでブレークを許すと流れがコビニッチに傾く。ストローク戦で主導権を握られると第8ゲームでブレークを許し4ゲームを連取される。苦しい展開となるも第11ゲームではコビニッチのミスもありブレークに成功。サービング・フォー・ザ・マッチとなった第12ゲームをキープして1時間30分で勝利した。

勝利したシフィオンテクは4回戦で世界ランク40位のA・コルネ(フランス)と同74位のキンウェン・ゼン(中国)の勝者と対戦する。

また、今回の勝利によってツアー連勝記録を“31”に伸ばした。

【2000年以降の連勝記録】
1.V・ウィリアムズ(アメリカ) 35連勝(2000年)
2.S・ウィリアムズ(アメリカ) 34連勝(2013年)
3.J・エナン(ベルギー) 32連勝(2008年)
4.シフィオンテク 31連勝(2022年)
5.S・ウィリアムズ 27連勝(2015年)
6.V・アザレンカ 26連勝(2012年)
7.S・ウィリアムズ 25連勝(2014年)
8.J・エナン 24連勝(2005年)
8.V・ウィリアムズ24連勝(2002年)
9.大坂なおみ 23連勝(2021年)

同日には世界ランク63位のI・C・ベグ(ルーマニア)が16強に駒を進めている。



[PR]全仏オープンテニス
5/22(日)〜6/5(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>