ステファノス・チチパスが4回戦進出
画像提供:Getty

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は28日、男子シングルス3回戦が行われ、第4シードのS・チチパス(ギリシャ)が世界ランク95位のM・イメル(スウェーデン)を6-2, 6-2, 6-1のストレートで下し、4年連続の4回戦進出を決めた。

>>ジョコビッチvsシュワルツマン 1ポイント速報<<

>>ナダルvsオジェアリアシム 1ポイント速報<<

昨年ファイナリストのチチパスは今大会、1回戦で世界ランク57位のL・ムセッティ(イタリア)を5-7, 4-6, 6-2, 6-3, 6-2の逆転で破り、3時間半超えの一戦を制して初戦を突破。続く2回戦も苦戦を強いられ、同134位のZ・コラージュ(チェコ)を6-3, 7-6(10-8),6-7(3-7),7-6(9-7)の4時間6分に及ぶ激戦の末に下し、3回戦に進出した。

一方のイメルは1回戦で世界ランク72位のJ・ダックワース(オーストラリア)にストレート勝ち。2回戦では第29シードのD・エヴァンス(イギリス)を6-3, 3-6, 6-2, 6-2で破っての勝ち上がり。

チチパスは過去3戦3勝のイメルに対し、サービスゲームで82%のポイントを獲得して1度もブレークを許さず。リターンゲームでは計7度のブレークに成功して、1時間32分で勝利した。

チチパスの試合後のコメントが男子プロテニス協会のATP公式サイトに掲載され「本当に良いプレーができた」と語った。

「良いラリーがたくさんあった」

「ミカエル(イメル)とはジュニア時代からの付き合いで、何度も対戦しているんだ。 あらためて3回戦に進出した彼の健闘を称えたい。(今日は)いい試合ができたと思う。本当に良いプレーができたし、我慢強く良いテニスで締めくくれたよ」

「(前の)2試合では、少し遅れてプレーしていた」

「今日は太陽があまりなく、コンディションは少し乾いていて寒そうだった。他の2日間と比べると、確かに今日は見え方が違っていた。より自由にボールを操れるようになったし、もう少しアングルを使って、自分のボールでたくさんプッシュすることができるようになったんだ。次のショットを意識して自信を持つことができたのは、精神的にとても助かった」

チチパスは4回戦で、世界ランク40位のH・ルーネ(デンマーク)と対戦する。今月、BMWオープン(ドイツ/ミュンヘン、レッドクレー、ATP250)でツアー初優勝を飾った19歳のルーネは、3回戦で世界ランク74位のH・ガストン(フランス)をストレートで破っての勝ち上がり。

同日には第2シードのD・メドベージェフ、第7シードのA・ルブレフ、第8シードのC・ルード(ノルウェー)、第11シードのJ・シナー(イタリア)、第12シードのH・フルカチュ(ポーランド)、第20シードのM・チリッチ(クロアチア)が16強に駒を進めている。



[PR]全仏オープンテニス
5/22(日)〜6/5(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>