ナダル、ジョコビッチ
画像提供:Getty

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は29日、男子シングルス4回戦が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と第5シードのR・ナダル(スペイン)がそれぞれ8強入りを果たしたため、準々決勝で顔を合わせることが決定した。ナダルは同一戦に向けて、「大きな挑戦になる」と語った。

>>ズベレフら 全仏OP男子組合せ<<

>>ジョコビッチvsナダル 1ポイント速報<<

昨年王者で3度目のタイトルを狙うジョコビッチは4回戦で第15シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)を6-1, 6-3, 6-3のストレートで撃破。

一方、過去13度の優勝を誇るナダルは4回戦で第9シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)を3-6, 6-3, 6-2, 3-6, 6-3のフルセットで破り、勝ち上がりを決めている。

ATPの公式サイトは試合後のナダルのコメントを掲載。ジョコビッチとの対戦に向けて次のように心境を明かした。

「この3ヵ月間、このような試合をしていなかったから、僕にとっては大きな挑戦になるね。彼(ジョコビッチ)はすでに9試合連続で勝っているし、ローマでも優勝して、ここでも毎試合ストレートで勝っている。おそらく、自信を持っているだろう」

「自分の置かれている状況はわかっているし、うまく受け入れている。僕はそのために戦うつもりだよ」

「僕はローラン・ギャロスの準々決勝にいるんだ。2週間半前には、ここに来れるかどうかさえわからなかった。だから、もう1年ここにいられることを楽しんでいる。正直に言うと、ここでプレーするすべての試合が僕のテニス人生において、ここローラン・ギャロスでの最後の試合になるかも分からない。それが今の僕の状況だ」

「だから僕はできるだけ楽しみ、テニスを続け、ローラン・ギャロスで世界ナンバー1と対戦するという夢を実現するために戦っている。さて、どうなるかな。可能な限り最高のレベルでプレーするチャンスを自分に与えられるようにしたいね」

ナダルとジョコビッチはこれまで58度対戦し、ジョコビッチの30勝28敗。全仏オープンに限ってはナダルが7勝2敗と勝ち越している。直近の対戦は昨年の全仏オープン準決勝であり、その時はジョコビッチが3-6, 6-3, 7-6 (7-4), 6-2の逆転勝ちをおさめている。



[PR]全仏オープンテニス
5/22(日)〜6/5(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>