キャスパー・ルードが8強入り
画像提供:Getty

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は30日、男子シングルス4回戦が行われ、第8シードのC・ルード(ノルウェー)が第12シードのH・フルカチュ(ポーランド)を6-2, 6-3, 3-6, 6-3で下し、自身初のグランドスラム準々決勝進出を決めた。

>>全仏OP男子組合せ・結果<<

>>ジョコビッチvsナダル 1ポイント速報<<

ルードとフルカチュは今回が初顔合わせ。

ルードは今大会の1回戦でワイルドカード(主催者推薦)で出場している世界ランク297位のJW・ツォンガ(フランス)を6-7 (6-8), 7-6 (7-4), 6-2, 7-6 (7-0)で破る。2回戦で世界ランク60位のE・ルースブオリ(フィンランド)をストレートで破ると、3回戦では第32シードのL・ソネゴ(イタリア)をフルセットの末に約3時間半で下して、16強入りを果たした。

一方のフルカチュは、1回戦で予選勝者のG・ゼッピエリ(イタリア)、2回戦で世界ランク132位のM・チェッキナート(イタリア)、3回戦で世界ランク48位のD・ゴファン(ベルギー)をいずれもストレートで破っての勝ち上がり。

ルードは第1セット、フルカチュから3度のブレークを奪い、32分で先取する。第2セット、ルードは第2ゲームでブレークに成功すると、このリードを守って王手をかける。

追い込まれたフルカチュは第3セット、第6ゲームでブレークを奪い1セット返す。第4セット、フルカチュが第3ゲームで再び先にブレークに成功するも、ルードが第4、第6ゲームでブレークし、2時間31分で8強入りを果たした。

ルードは準々決勝で、第4シードのS・チチパス(ギリシャ)と世界ランク40位のH・ルーネ(デンマーク)の勝者と対戦する。

前日に行われた4回戦4試合では、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)、第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)、第5シードのR・ナダル(スペイン)、第6シードのC・アルカラス(スペイン)が8強入りを決めており、準々決勝でジョコビッチとナダル、ズベレフとアルカラスがそれぞれ対戦する。



[PR]全仏オープンテニス
5/22(日)〜6/5(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>