イガ・シフィオンテクが3年連続の8強
画像提供:Getty

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は30日、女子シングルス4回戦が行われ、第1シードのI・シフィオンテク(ポーランド)が世界ランク74位のジャン チンウェン(中国)を6-7(5-7), 6-0, 6-2の逆転勝ちで下し、マッチ32連勝で3年連続の8強入りを決めた。

>>シフィオンテクら 全仏OP女子組合せ・結果<<

>>ジョコビッチvsナダル 1ポイント速報<<

2020年の全仏女王で世界ランク1位のシフィオンテクは、3回戦で同95位のD・コビニッチ(モンテネグロ)を6-3, 7-5のストレートで破り、4年連続で4回戦に進出。

一方、今大会が初出場の19歳のジャンは、3回戦で世界ランク40位のA・コルネ(フランス)の途中棄権により、ベスト16へ進出。2回戦では2018年に同大会を制覇している元世界ランク1位のS・ハレプ(ルーマニア)を2-6, 6-2, 6-1の逆転で破った。

初顔合わせとなったこの試合、シフィオンテクが序盤3ゲームを連取し、互いにブレークを奪ってシフィオンテクが5-2とリードするもジャンが3ゲーム連取で5-5に。タイブレークにもつれ込むと、シフィオンテクがポイント5-2とするも、ジャンが5ポイントを連取して第1セットを取る。

追う展開となったシフィオンテクは第2セット、ジャンに付け入る隙を与えず6-0と取り返す。勢いに乗る女王はファイナルセット、第1ゲームでブレークに成功すると、第7ゲームでも再びジャンのサービスを破り、2時間45分に及ぶ熱戦の末にジャンを振り切った。

シフィオンテクは今回の勝利によってツアー連勝記録を“32”に伸ばし、2000年以降ではJ・エナン(ベルギー)に並ぶ歴代3位タイとなった。

【2000年以降の連勝記録】
1.V・ウィリアムズ(アメリカ) 35連勝(2000年)
2.S・ウィリアムズ(アメリカ) 34連勝(2013年)
3.シフィオンテク 32連勝(2022年)
3.エナン 32連勝(2008年)
5.S・ウィリアムズ 27連勝(2015年)
6.V・アザレンカ 26連勝(2012年)
7.S・ウィリアムズ 25連勝(2014年)
8.J・エナン 24連勝(2005年)
8.V・ウィリアムズ24連勝(2002年)
9.大坂なおみ 23連勝(2021年)

シフィオンテクは準々決勝で、第11シードのJ・ペグラ(アメリカ)と対戦する。ペグラは4回戦で世界ランク63位のI・C・ベグ(ルーマニア)を4-6, 6-2, 6-3の逆転勝ちで下しての勝ち上がり。



[PR]全仏オープンテニス
5/22(日)〜6/5(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>