マリン・チリッチ
画像提供:Getty

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は30日、男子シングルス4回戦が行われ、第20シードのM・チリッチ(クロアチア)が第2シードのD・メドベージェフを6-2, 6-3, 6-2のストレートで下し、2018年以来4年ぶり3度目の準々決勝進出を果たした。

>>全仏OP男子組合せ・結果<<

>>ジョコビッチvsナダル 1ポイント速報<<

3回戦ではワイルドカード(主催者推薦)で出場している世界ランク158位のG・シモン(フランス)を6-0, 6-3, 6-2のストレートで破りベスト16進出を決めた元世界ランク3位のチリッチ。一方、世界ランク2位のメドベージェフは3回戦で第28シードのM・キツマノビッチ(セルビア)を6-2, 6-4, 6-2のストレートで下しての勝ち上がり。

同一戦は第1セット、チリッチがファーストサーブ成功時に92パーセントの高い確率でポイントを獲得。リターンゲームでは第6・第8ゲームでブレークに成功し、4ゲームを連取して先行する。

続く第2セット、再び第6ゲームでブレークを奪ってセットカウントを2-0とすると、第3セットでは第1ゲームから4ゲームを連取。このまま2度のブレークを守りきって1時間47分で勝利している。

同大会の公式サイトは試合後のチリッチのコメントを掲載。「最初のポイントから最後のポイントまで、本当に素晴らしい試合だった。この雰囲気も、夜のセッションも楽しめたしね。僕のキャリアの中でも最高の試合のひとつだったよ」と語った。

勝利したチリッチは準々決勝で、第7シードのA・ルブレフと対戦する。ルブレフは4回戦、1-6, 6-4, 2-0の時点で対戦相手のJ・シナー(イタリア)が左膝の負傷により棄権したため、2年ぶり2度目の準々決勝進出を果たした。

同日に行われた4回戦では、第8シードのC・ルード(ノルウェー)と世界ランク40位のH・ルーネ(デンマーク)が8強入りを決めている。

また、前日行われた4回戦では、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)、第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)、第5シードのR・ナダル(スペイン)、第6シードのC・アルカラス(スペイン)らが8強へ駒を進めた。




[PR]全仏オープンテニス
5/22(日)〜6/5(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>