ルーネがチチパス破り8強入り
画像提供:Getty

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は30日、男子シングルス4回戦が行われ、世界ランク40位のH・ルーネ(デンマーク)が第4シードのS・チチパス(ギリシャ)を7-5, 3-6, 6-3, 6-4で破り、準々決勝進出を果たした。

>>ジョコビッチvsナダル 1ポイント速報<<

>>全仏OP男子組合せ・結果<<

グランドスラム通算3度目の出場のルーネは、今月のBMWオープン(ドイツ/ミュンヘン、レッドクレー、ATP250)でキャリア初優勝を飾った。今大会、1回戦で第14シードのD・シャポバロフ(カナダ)を撃破。3回戦では世界ランク74位のH・ガストン(フランス)を6-3, 6-3, 6-3のストレートで破っての勝ち上がり。

昨年準優勝のチチパスは今大会、1回戦で世界ランク57位のL・ムセッティ(イタリア)を5-7, 4-6, 6-2, 6-3, 6-2の逆転で破り、3時間半超えの一戦を制して初戦を突破。続く2回戦も苦戦を強いられ、同134位のZ・コラージュ(チェコ)を6-3, 7-6(10-8),6-7(3-7),7-6(9-7)の4時間6分に及ぶ激戦の末に3回戦に進出。3回戦では同95位のM・イメル(スウェーデン)を6-2, 6-2, 6-1のストレートで下して4年連続の4回戦進出を決めた。

初顔合わせとなったこの試合、ともに1ブレークずつ奪い合って迎えた第11ゲームでルーネが再びブレークに成功し、1時間3分で先取する。

第2セット、互いにサービスキープを続けると第8ゲームでチチパスがブレークを奪い、1セットオールとする。チチパスが主導権を握るかに見えたが、第3セットをルーネが1ブレークアップで奪う。

王手をかけたルーネは第4セット、第5、第7ゲームでチチパスのサービスゲームを破り、ゲームカウント5-2とする。勝利に近づいたルーネはチチパスにあっさり2ゲームを奪われるも、第10ゲームを勝利を掴んだ。

C・アルカラス(スペイン)とともに19歳で準々決勝に勝ち進んだルーネは、2019年の全仏オープンジュニアのチャンピオン。

勝利後のルーネのコメントが男子プロテニス協会のATP公式サイトに掲載され、「今は信じられない気持ちだ」と語った。

「最後はとても緊張したけれど、試合中は観客の皆がずっと声援を送ってくれていた。このコートでプレーできることに感謝し、とても幸せだ。(観客の)皆さんは素晴らしい」

「とても緊張したけど、同時にチチパスのような選手に対して自分が戦術から外れたら、確実に負けることも分かっている。タフな場面では、ただひたすら自分のプランでプレーするように自分に言い聞かせたんだ。結果的にとてもうまくいったし、大きな自信にもなった。まだここにいられることが本当に嬉しいよ」

「アグレッシブなプレーを心がけた。ステファノスは短いボールを取ると攻めてくるので、アグレッシブに、そして本当に速く、彼から時間を奪うようにプレーしなければならなかったんだ。ドロップショットは好きでプレーしていて楽しいし、とてもうまくいった」

ルーネは準々決勝で、第8シードのC・ルード(ノルウェー)と対戦する。ルードは4回戦で第12シードのH・フルカチュ(ポーランド)を下しての勝ち上がり。

準々決勝の対戦カードは以下の通り。

・N・ジョコビッチ(セルビア)(1) vs R・ナダル(スペイン)(5)
・A・ズベレフ(ドイツ)(3) vs アルカラス(6)
・ルード(8) vs ルーネ
・A・ルブレフ(7) vs M・チリッチ(クロアチア)(20)



[PR]全仏オープンテニス
5/22(日)〜6/5(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>