ジョコビッチ、ナダル
画像提供:Getty

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は31日、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と第5シードのR・ナダル(スペイン)の男子シングルス準々決勝が現在行われている。

>>ジョコビッチvsナダル 1ポイント速報<<

>>ジョコビッチ、ナダルら全仏OP男子組合せ・結果<<

両者は59度目の対戦で、ジョコビッチの30勝28敗。全仏オープンに限ってはナダルが7勝2敗と勝ち越している。

直近の対戦は昨年の全仏オープン準決勝であり、その時はジョコビッチが3-6, 6-3, 7-6 (7-4), 6-2の逆転勝ちをおさめている。

昨年王者のジョコビッチは4回戦で第15シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)を6-1, 6-3, 6-3のストレートで撃破。13年連続16度目のベスト8進出を決めた。

一方、14度目の大会制覇を狙うナダルは、4回戦で第9シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)と対戦。4時間を超える死闘の末、3-6, 6-3, 6-2, 3-6, 6-3のフルセットで勝利し、6年連続16度目のベスト8進出を果たした。

この試合の勝者は、第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)か第6シードのC・アルカラス(スペイン)と決勝進出をかけて準決勝で対戦する。

なお、ジョコビッチ、ナダル、ズベレフ、アルカラスの他に、第7シードのA・ルブレフ、第8シードのC・ルード(ノルウェー)、第20シードのM・チリッチ(クロアチア)、世界ランク40位のH・ルーネ(デンマーク)が8強へ駒を進めている。



[PR]全仏オープンテニス
5/22(日)〜6/5(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>