ベスト4進出を決めたアレクサンダー・ズベレフ
画像提供:Getty

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は31日、男子シングルス準々決勝が行われ、第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)が第6シードのC・アルカラス(スペイン)を6-4, 6-4, 4-6, 7-6(9-7)で破り、2年連続のベスト4進出を果たした。

>>ジョコビッチvsナダル 1ポイント速報<<

>>全仏OP男子組合せ・結果<<

両者は4度目の顔合わせで、ズベレフの2勝1敗。直近では今月のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)決勝戦で対戦し、この時はアルカラスが6-3, 6-1のストレート勝ちで優勝を飾った。

世界ランク3位のズベレフは4回戦で、同131位のB・ザパタ ミラリェス(スペイン)を7-6(13-11), 7-5, 6-3のストレートで破り、2年連続4度目のベスト8進出を決めた。

一方世界ランク6位のアルカラスは、第21シードのK・ハチャノフを6-1, 6-4, 6-4のストレートで破り、大会初のベスト8進出を果たした。

2年連続の4強入りを狙うズベレフと、グランドスラムで初の4強入りを目指すアルカラスの一戦は第1セット、ズベレフが第5ゲームでブレークに成功し、このリードを守って6-4で先取する。

サーブが好調のズベレフは第2セット、3度ラブゲームでキープ。1ブレークに成功し、第10ゲームで締めて2セットアップとする。

第3セット、互いにサービスキープを続けて迎えた第10ゲームでアルカラスがこの試合初のブレークに成功して1セット奪い返す。

第4セットも拮抗した展開が続き、1ブレークずつ奪ってタイブレークに突入。一進一退の攻防をズベレフが制して4強入りを決めた。

ズベレフの試合後のオンコートインタビューのコメントが男子プロテニス協会のATP公式サイトに掲載され、「今日は最初から絶対にベストのテニスをしなければいけないと思っていたし、それができてよかった」と語った。

またアルカラスについて、「もちろん彼はこの場所へ戻ってくる、素晴らしい選手だ」と称えた。

「ネットを挟んで彼に『この大会を一度だけでなく、何度も優勝するんだ』と言ったんだ。彼が僕たちを打ち負かし始めて、僕たちにまったくチャンスがなくなる前に僕は優勝したいよ」

ズベレフは準決勝で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と第5シードのR・ナダル(スペイン)の勝者と決勝進出をかけて対戦する。



[PR]全仏オープンテニス
5/22(日)〜6/5(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>