ノヴァーク・ジョコビッチ
画像提供:Getty

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は31日、男子シングルス準々決勝が行われ、昨年王者で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)は第5シードのR・ナダル(スペイン)に2-6, 6-4, 2-6, 6-7 (4-7)で敗れ、4年連続12度目のベスト4進出とはならず。2018年以来4年ぶりに準々決勝で姿を消した。

>>ナダルvsズベレフ 1ポイント速報<<

>>ナダルら全仏OP男子組合せ・結果<<

昨年王者のジョコビッチは4回戦で第15シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)を6-1, 6-3, 6-3のストレートで撃破。13年連続16度目のベスト8進出を決めた。

一方、14度目の大会制覇を狙うナダルは、4回戦で第9シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)と対戦。4時間を超える死闘の末、3-6, 6-3, 6-2, 3-6, 6-3のフルセットで勝利し、6年連続16度目のベスト8進出を果たした。

ジョコビッチとナダルは今回が59度目の対戦で、ジョコビッチの30勝28敗。クレーコートでの対戦ではナダルが19勝8敗とし、そのうち全仏オープンではナダルが7勝2敗と大きく勝ち越している。

今大会屈指の注目の一戦は第1セット、10分間を超えるオープニングゲームでいきなりブレークを許したジョコビッチ。第5ゲームでもブレークを奪われ、52分で先行される。

第2セット、第1ゲームは13分を超える激しい攻防が続き、またもブレークを許す厳しい展開に。第3ゲームでもブレークを奪われナダルに2ブレークアップとされるも、第4、第6ゲームでブレークバックに成功し4ゲームを連取する。第10ゲームでは2度目のブレークチャンスをものにしセットカウント1−1に追いつく。

第3セットでは、またしても第1ゲームでブレークを許したジョコビッチ。第4ゲームで1度のブレークチャンスを逃すと直後の第5ゲームではダブルフォルトもあり再びブレークを許す。その後はブレークチャンスを掴めず、セットカウント1−2と再びリードされる。

崖っぷちに立たされたジョコビッチだったが、第4セットでは第2ゲームで先にブレークに成功。その後はサービスキープが続き第9ゲームでサービング・フォー・ザ・セットを迎える。2度のセットポイントを握ったジョコビッチだったが凌がれると、ナダルに2度目のブレークチャンスをものにされ、土壇場でブレークバックを許す。その後はお互いにサービスをキープしタイブレークに突入。序盤で3ポイントを連取されたジョコビッチは3度のマッチポイントを凌ぐも力及ばず、4時間12分で力尽きた。

勝利したナダルは準決勝で、第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。ズベレフは準々決勝で第6シードのC・アルカラス(スペイン)を6-4, 6-4, 4-6, 7-6(9-7)で下しての勝ち上がり。

また1日には準々決勝の残り2試合、第8シードのC・ルード(ノルウェー)と世界ランク40位のH・ルーネ(デンマーク)、第7シードのA・ルブレフと第20シードのM・チリッチ(クロアチア)が準決勝への切符をかけて対戦する。



[PR]全仏オープンテニス
5/22(日)〜6/5(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>