柴原瑛菜(全仏OP女子ダブルス時)
画像提供:Getty

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は30日、ミックスダブルス準々決勝が行われ、第2シードの柴原瑛菜/ W・クールホフ(オランダ)/組が第3シードのJ・ピアース(オーストラリア)/ G・ダブロウスキ(カナダ)組を6-3, 6-4で破り、初の決勝進出を果たした。

>>ジョコビッチら全仏OP男子組合せ・結果<<

>>シフィオンテクら全仏OP女子組合せ・結果<<

準々決勝でS・ストーサー(オーストラリア)/ M・エブデン(オーストラリア)組にストレート勝ちをおさめて勝ち上がった柴原/ クールホフ組はこの試合、第1セットの第3ゲームで先にブレークを許すも、第6、第8ゲームでブレークに成功して先取する。

第2セットでは第3ゲームでブレークに成功。このリードを守って1時間8分で勝利を掴み、日本人ペアとして1997年に優勝をおさめた平木理化/ M・ブパシ(インド)組以来、25年ぶりの決勝進出を果たした。

柴原は試合後、自身のインスタグラムを更新。勝利時の画像とともに「私たちの初めての決勝戦」とコメントを添えて投稿した。

柴原/ クールホフ組は決勝ではU・アイケリ(デンマーク)/ K・フリーゲン(ベルギー)組と対戦する。

この投稿をInstagramで見る

Ena Shibahara 柴原瑛菜(@enashibs)がシェアした投稿


>>柴原瑛菜 Instagram<<



[PR]全仏オープンテニス
5/22(日)〜6/5(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>